Apple:米国でiPhone 12の発売が遅れたにも関わらず、2020年第3四半期の首位をキープ (マーケット・リサーチ)

iPhone12NewsRelease
iPhone12

カウンターポイント・テクノロジー・マーケット・リサーチ は、2020年第3四半期にAppleの出荷ベースシェアは39%に低下したものの、米国でのiPhone 12発売が遅れたにも関わらず、iPhone 11シリーズとiPhone SE 2020が引き続き好調だったため、Appleはマーケットリーダーの地位を維持したという調査結果を含む最新調査を発表しました。

 

 

[ad]

 

 

 

2020年第3四半期 マーケットシェア TOP3

2020年第3四半期 マーケットシェア TOP3

 

今回の について Appleの2020年第3四半期の首位をキープ についてはカウンターポイント社リサーチディレクターのJeff Fieldhack氏は以下の通りコメントしています。

「7月と8月におけるiPhone 11とiPhone SE 2020の販売が好調だったことで、前の四半期と比べてAppleの業績は順調にリバウンドした。この二か月は失業給付やコロナの特別給付金が支給された最後の期間にあたり、それまでに積みあがった需要が売り上げ拡大を後押しした。9月に入ると消費者はiPhoneを買い控えたものの、それまでの二か月の需要が最後の月の減速を上回った。第4四半期にはiPhone 12の派生機種が登場し、キャリア各社も昨年のiPhone 11より魅力的なプロモーションを行っているため、Appleの出荷シェアはさらに拡大するだろう。」

 

iPhone 11とiPhone SE 2020が好調だったこと、失業給付やコロナの特別給付金が支給された最後の期間、iPhone 12の派生機種が登場し、キャリア各社も昨年のiPhone 11より魅力的なプロモーションが上げられています。

 

また、Samsungは、Aシリーズ、高級機であるGalaxy Note 20とGalaxy S20シリーズが、他のAndroidスマートフォン端末より好調だったことにより前年同期比で二桁成長しました。

 

Apple、米国でiPhone 12の発売が遅れたにも関わらず、2020年第3四半期の首位をキープ|Counterpoint Technology Market Research Limitedのプレスリリース

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました