Adobe:次世代のAdobe Creative Cloudを発表

Adobe Creative Cloud Adobe
Adobe Creative Cloud
スポンサーリンク

Adobe は、世界最大のクリエイティブカンファレンス「Adobe MAX」にて、Photoshop CC、Lightroom CC、Illustrator CC、InDesign CC、Premiere Pro CC、Adobe XDなどの主要アプリのメジャーアップデートを発表しました。

 

 

 

 

 

 

 

新しい Adobe Creative Cloud は、 人工知能(AI)を採用し、時間がかかるタスクを効率化。デスクトップ、タブレット、スマートフォン、Webなど、あらゆるデバイスとスクリーン上で動作するツールを開発することによりクリエイティビティを解放。新しいメディアの活用を促進の3つのテーマに沿っているそうです。

 

また、マルチデバイスのクリエイティビティのために3つのアプリが登場しました。

まず「Adobe Rush CC」(App Store)は、シンプルかつパワフルな、オールインワンのビデオ制作ツールであり、デスクトップとモバイルデバイスを横断して使用することができ、初心者にも簡単にいつでもどこでもオンライン動画の撮影、編集と共有が可能なiOSアプリです。(Android版は2019年提供開始予定)

 

そして、プレビュー公開した 「Photoshop CC for iPad」 は、Photoshop が持つパワー、性能ならびに精確さすべてを受け継いで、タッチ & ジェスチャーベースのインターフェイス用に再設計したアプリです。Photoshop をデスクトップから解放し、複数のデバイス間で同じ PSDファイルの作業を、おなじみの高度なコントロールやツールを用いてシームレスに行えます。iPad 版 Photoshop は、2019 年に提供を開始します。

 

 

最後に、イラストレーターから画家、ドローイング制作者まで、絵を描くすべての方にうってつけの、新しい製品「Project Gemini」です。Photoshop と密接に連携しており、Photoshop のお気に入りのブラシを使用できるとともに、両アプリケーション間でファイルをシームレスに移動できます。Project Gemini は、iPad 版を 2019 年にリリースします。

 

 

Adobe Rush
カテゴリ: 写真/ビデオ
掲載時の価格: 無料
iOS 11.0以降。iPhone、iPad、およびiPod touchに対応。

 

 

 

コメント