Apple:「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」の適用期間を2016年12月31日まで延長

MacBook App Store
スポンサーリンク

Appleは去年2月より、ごく一部の MacBook Pro システムに、ビデオ (画像) が歪む、画面に何も表示されない、システムが突然再起動するといった問題が起きる可能性があることが判明し、無償で修理対応を行う「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」を実施していましたが、同プログラムの内容を更新し、適用期間を 2016年12月31日まで延長しました。

 







 

MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム

 

コンピュータ画面のビデオ (画像) が歪んだり乱れたりする、コンピュータはオンになっているのに、コンピュータ (または外付けディスプレイ) の画面に何も表示されないなどが発症する問題を解決するプログラム。

対象製品となる製品は、「2011 年に製造された 15 インチおよび 17 インチ MacBook Pro モデル」および「2012 年中期 (Mid 2012) 〜 2013 年初期 (Early 2013) に製造された 15 インチ MacBook Pro Retina ディスプレイモデル」となります。

手続きに関しては、Apple Store 直営店または Apple 正規サービスプロバイダへMacBook Pro を直接持ち込みする必要があります。

詳細につきましては「MacBook Pro ビデオの問題に対するリペアエクステンションプログラム」をご覧ください。

 

 

コメント