【米国限定】非営利団体、認定教育機関、政府機関のApple Developer Program Membership料金免除へ

App Store Apple
App Store
スポンサーリンク

Apple は、米国に拠点を置く非営利団体、認定教育機関、政府機関のApple Developer Program Membership料金(年間99ドルの会費)を免除することを発表しました。

 

 

 

 

 

 

We’re pleased to announce that Apple Developer Program membership is now available at no cost for eligible organizations. Nonprofit organizations, accredited educational institutions, and government entities based in the United States that will distribute only free apps on the App Store can request to have their annual membership fee waived.

 

これは、App Storeで無料アプリのみを配布する場合、年間会員費を免除となるそうです。

また、すでに登録されている組織などは、メンバーシップの有効期限までにいつでも手数料を免除することができるそうです。手数料放棄が承認されると、組織は更新時に年額料金を支払う必要がなくなります。 既存のメンバーシップの全額または一部払い戻しは利用できません。

以下の場合は対象外になるそうです。

  • 有料AppまたはApp Storeでアプリ内購入アプリを配布している組織
  • アップルデベロッパエンタープライズプログラムのメンバー
  • 個人および事業者/単独の事業

 

いまのところ米国限定ですが、このメンバーシップ料金免除が世界に広まると様々なアプリ開発が進みそうですね。

 

Apple Developer Program Membership Fee Waivers – Support – Apple Developer

 

 

 

コメント