Apple:iPhone分解ロボット「Liam」 カリフォルニアとオランダで稼働中

アップルの iPhone分解ロボット「Liam」Apple
アップルの iPhone分解ロボット「Liam」
スポンサーリンク

BUSINESS INSIDER JAPAN によると、Appleが昨年発表したiPhoneを分解し、部品の再資源化を進めるためのロボット「Liam」がカリフォルニアとオランダで稼働していると、2月21日(現地時間)に発表した報告書(PDF)に記載されているそうです。

 

 

 

 

 

 

アップルの iPhone分解ロボット「Liam」

アップルの iPhone分解ロボット「Liam」

 

iPhone 6を1年間で最大120万台分解するLiamは11秒でこなすそうです。

また、「1万台のiPhoneを分解するごとに、190kgのアルミニウム、80kgの銅、0.13kgの金、0.04kgの白金、0.70kgの銀、5.5kgの錫、2.4kgのレアアースが回収可能」と報告書に記載されています。

 

Liam In 2016, we introduced Liam, a line of robots that can quickly disassemble iPhone 6—
up to 1.2 million in a year. Liam utilizes a fully autonomous, clean take-apart process to liberate and separate high-quality components for speciality material recycling.
Existing recycling techniques, such as shredding, recover a limited number of materials and often diminish their quality. For every 10,000 phones that Liam disassembles, we have the potential to recover 190 kg of aluminum, 80 kg of copper, 0.13 kg of gold, 0.04 kg of platinum group metals, 0.70 kg of silver, 5.5 kg of tin, and 2.4 kg of rare earth elements. Many of these materials would not be recoverable at high quality using traditional recycling methods. The Green Bond contributed funding to the development of Liam, which has production lines currently operating in California and the Netherlands.

Annual Green Bond Impact Report Covering Fiscal Year 2016 より

 

アップルの「iPhone分解ロボット」、カリフォルニアとオランダで稼働中:BUSINESS INSIDER JAPAN

 

 

コメント