Mozilla:WebGL 2 に対応したWebブラウザ「Firefox 51」リリース

FirefoxSoft
Firefox
スポンサーリンク

Mozilla より、WebGL 2 に対応したWebブラウザ「Firefox 51」がリリースされました。

 

 

 

 

 

 

Firefox 51 の新機能

新機能

  • パスワード保存のダイアログ上で保存前のパスワードを確認できるようになりました
  • URL バーにズームボタンが追加されました:
    • 標準設定から拡大 / 縮小を行なった場合、その倍率が表示されます
    • ズームボタンをクリックすることで、標準の倍率に戻られます
  • GPU が搭載されていない環境での動画再生性能が向上しました。動画再生時の CPU 使用率が下がり、フルスクリーン再生時の体験が向上します
  • “submit” イベントが発生しない場面でも、パスワードを保存できるようになりました
  • FLAC (Free Lossless Audio Codec) の再生に対応しました
  • WebGL 2 に対応しました。その結果、transform feedback に代表される高度なグラフィック描画機能が利用できるようになりました。またテクスチャ機能の改善や、新しいシェーダー言語への対応も行いました
  • 安全でない接続で配信されたログインページに対して警告が表示されるようになりました
  • ジョージア語 [ka] とカビル語 [kab] に対応しました
  • E10s が高速になり、タブの切り替えが素早くなりました
  • ブラウザーのデータ同期の信頼性が向上しました
  • ベラルーシ語 [be] がロケールから削除されました

修正点

変更点

  • Linux でのコンテンツ描画に 2D グラフィックライブラリ (Skia) を利用するようになりました
  • ロシア語 [ru] での E10s サポートを再度有効にしました
  • NSS を 3.28.1 に更新しました

Firefox 51 リリースノート より

 

 

 

コメント