新しいMacBook ProのTouch Barに対応した写真編集ソフトウェア「Affinity Photo 1.5」リリース

Affinity PhotoMac App Store
Affinity Photo
スポンサーリンク

Serif Labs より、新しいMacBook ProのTouch Barに対応した写真編集ソフトウェア「Affinity Photo 1.5」(Mac App Store)がリリースされています。

 

 

 

 

 

 

新しいMacBook ProのTouch Barに対応したほかに、 WindowsとmacOSのクロスプラットフォームのサポート、フルHDR結合のサポートなど数百項目に及ぶ新機能と機能強化が盛り込まれています。

また、現在リリースを記念して、 通常6000円 が 期間限定で 20%OFF の 4,800円 で販売されています。

 

 

 

 

Affinity Photo 1.5 is here, for macOS AND WINDOWS! from MacAffinity on Vimeo.

 

Affinity Photo 1.5.0 の新機能

その他の機能

  • 新しいMacBook ProのTouch Barに対応
  • フォーカス結合により、多数の画像を別フォーカスで重ねて複雑な合成画像を作成可能
  • HDR結合により、多数のブラケット露光画像から深い無制限の32ビット画像を作成
  • HDR画像とLDR画像の両方に対応したトーンマッピングペルソナ
  • マクロにより、アクションの記録、保存、再生が可能。便利なギャラリーに保存することも可能
  • 大量のファイルのキューと処理を一括で処理
  • ライブ投影により、正距円筒投影(360度パノラマ)や遠近投影など、や画像を異なる空間で編集可能
  • RAW現像ペルソナの機能強化
  • テキストスタイル
  • モノクロ、カラー、円形、および線形のハーフトーンをサポートするハーフトーンフィルタ
  • 数式歪みフィルタにより、カスタムの空間フィルタを作成可能
  • ダスト&スクラッチフィルタ
  • “Affinity Photoで編集”写真エクステンション
  • 新しいカラーピッカーツール
  • 複数のドキュメントをまたがって操作できる、クローン/修復ブラシ用の新しいクローンソースパネル
  • マルチモニターカラープロファイルのサポート

チャンネルあたり32ビットカラー

  • 新しい32ビットRGB編集モード
  • 32ビットの無制限画像の完全な複合と編集に新たに対応
  • RAWファイルから32ビットドキュメントへの直接の現像に新たに対応。すべてのハイライトとシャドウが保持され、いつでも復元が可能に
  • エンドツーエンドのOCIOカラーワークフローに新たに対応

ファイル形式の追加サポート

  • マルチレイヤのEXRファイルを含むOpenEXRのアルファ関連付けとプリマルチプリケーションを制御
  • HDR(Radiance、RGBE)
  • 32ビットのTIFFインポートおよびエクスポート
  • レイヤ付きTIFFの相互運用
  • ダイレクトPSD書き戻し
  • 70以上のRAWカメラ形式を新たにサポート

改良項目

  • ピクセルツールに、ペイント方向の制限機能と消去モード制御機能を追加
  • 新しい“累積”ブラシダイナミクスにより、不透明度ジッターを提供
  • フリーハンド選択ツールに、新しいマーキーモード(ポリゴン、磁気)を追加
  • RAW、JPEGなどのメタデータ検出機能を強化
  • ペルソナエクスポート機能を強化
  • 画像適用機能を強化。フィルタで数式を使ってチャネルの転送を制御することが可能に
  • 選択サンプルカラーフィルタを強化
  • ベクタースコープを強化
  • Photoshopプラグインサポートを強化
  • パフォーマンス向上を調整
  • スナップ機能を強化し、候補を使わないスナップ、ギャップアンドスパン(移動ツールのAltキー)など、多くの機能に対応

 

 

 

Affinity Photo
カテゴリ: 写真
掲載時の価格: ¥4,800
OS X 10.7 以降、64ビットプロセッサ

 

 

 

 

コメント