Mozilla:マルウェアのダウンロードを防ぐ機能が強化した「Firefox 48.0 beta」リリース

Firefox beta Soft
スポンサーリンク

Mozilla より、マルウェアのダウンロードを防ぐ機能が強化された「Firefox 48.0 beta」がリリースされています。

 

 

 

 

 

 

マルウェアのダウンロードを防ぐ機能が強化ほかに、変更点としては「Mac OS X 10.6, 10.7, 10.8 のサポートを終了」が含まれています。また開発ツールに Firebug テーマが追加などが含まれています。

 

Firefox 48.0 での変更点

  • 新機能:マルウェアのダウンロードを防ぐ機能が強化されました
  • 新機能:

    WebRTC にいくつか改良がおこなわれました

    • Delay-agnostic AEC が有効になりました
    • GNU/Linux と Mac OS X での全二重通信をサポートしました
    • ICE のリスタートと更新が利用できるようになりました
    • MediaStream と MediaStreamTrack の複製できるようになりました
  • 新機能:URL バーで表示される検索結果のデザインが新しくなり、より多くの結果を表示できるようになりました
  • 新機能:GNU/Linux で Skia(グラフィックスライブラリ)を標準で利用するようになり、canvas の描画性能が向上しました
  • 新機能:カスタマイズ画面で Tab と Shift + F10 が利用できるようになりました
  • 修正:Jabra ヘッドセットと Logitech C920 Web カメラで発生する音声に関する不具合を修正しました。これにより WebRTC 利用時などに発生していた音声の歪みがなくなりました
  • 修正:デバッガでのステップ実行時における、関数の最終行の取り扱いが修正されました
  • 変更:Windows Remote Access Service modem Autodial を利用しなくなりました
  • 変更:Mac OS X 10.6, 10.7, 10.8 のサポートを終了します
  • 開発者:エラーコンソールが廃止されました。これからはブラウザコンソールをお使いください
  • 開発者:コンソールパネルで通信の詳細を見られるようになりました
  • 開発者:position が absolute もしくは fixed に設定されている要素の位置を編集するための機能が追加されました
  • 開発者:メモリツールにツリーマップ表示機能が追加されました
  • 開発者:WebExtensions のバックグラウンドコンテンツで動作するスクリプトや、バックグラウンドページをデバッグできるようになりました
  • 開発者:about:debugging でアドオンを再読み込みできるようになりました。この機能を利用すると、アドオン開発がより効率的に行えます
  • 開発者:開発ツールに Firebug テーマが追加されました
  • 開発者:Worker から Web Crypto API が利用できるようになりました
  • Firefox リリースノート より

 

 

 

コメント