Mozilla:Widevine CDMの利用可能、Flash不要でYouTubeムービーの再生が可能なったWebブラウザー「Firefox 47.0」リリース

Firefox Soft
スポンサーリンク

Mozilla より、Google の Widevine CDMの利用可能、Flash不要でYouTubeムービーの再生が可能なったWebブラウザー「Firefox 47.0」がリリースされています。

 

 

 

 

 

 

埋め込みのYouTube動画をHTML5の“video”要素で再生できるようになるほか、DRMで保護されたメディアをHTML5の“video”要素で再生するための「Widevine CDM」が組み込まれています。

 

Firefox 47.0 の新機能

  • 新機能:Windows 版と Mac 版で Google の Widevine CDM を利用できるようになりました。その結果、Amazon Video のようなストリーミングサービスを、Sliverlight から暗号化された HTML5 に切り替えて利用できるようになりました。
  • 新機能:高速なマシンをご利用の場合、VP9 コーデックを利用できるようになりました
  • 新機能:Flash がインストールされていない場合、ページに埋め込まれた Youtube の動画再生を HTML5 の video 要素を用いて行うようになりました
  • 新機能:スマートフォンや他の端末開いたタブの一覧表示や、検索がサイドバーで行えるようになりました
  • 新機能:進む、戻るを行った際に、https で配信されるリソースの no-cache が可能になりました
  • 新機能:ラトガレ語がロケールに追加されました。Wikipedia によると、164,500 が日常的に利用している言語です。
  • 修正いくつかのセキュリティ問題 を修正しました。
  • 変更:FUEL (Firefox User Extension Library) が削除されました。これにより依存するアドオンが動作しなくなります。
  • 変更:e10s の性能に関する問題を避けるため、browser.sessionstore.restore_on_demand
  • preference の値が標準の true にリセットされます

  • 変更click-to-active プラグインのホワイトリストが削除されました
  • 開発者Web 開発者向けの変更点の詳細はこちらをご覧ください
  • 開発者:登録済みの ServieWorker の一覧と起動、デバッグを Service Worker 開発ツールで行えるようになりました
  • 開発者:プッシュメッセージをシミュレートする機能が Service Worker 開発ツールに実装されました。
  • 開発者:about:debugging 内に登録された Service Worker を起動する「開始」ボタンが追加されました
  • 開発者変更によるアドオン互換性への影響はこちらをご覧ください
  • 開発者:ChaCha20/Poly1305 暗号スイートに対応しました
  • 開発者:レスポンシブデザインモードで、ユーザエージェントを変更できるようになりました
  • 開発者:コンソールで複数行の入力が可能になりました
  • HTML5:TextTrack オブジェクトで cuechange イベントが利用できるようになりました
  • HTML5:WebCrypto:PBKDF2 が SHA2 アルゴリズムをサポートしました
  • HTML5:WebCrypto:RSA-PSS 署名に対応しました
  • 未解決:Windows 版:印刷のプレビューに関する不具合があります。回避策はこちらをご覧ください (Bug 1276717)

Firefox リリースノート

 

 

 

コメント