RICOH 360°全天球イメージ撮影が出来るデジタルカメラ「RICOH THETA S」を購入したので、早速使ってみた

使ってみた
スポンサーリンク

RICOHから発売されている360°全天球イメージ撮影が出来るデジタルカメラ「RICOH THETA S」(Amazon)を購入したので、早速使ってみました。

 

 

 

 

 

中身は、「RICOH THETA S」(Amazon)本体と、充電用のUSBケーブル、専用ケース、説明書になります。

 

RICOH THETA S 中身

RICOH THETA S 中身

 

本体のボタンなどを見ると、正面にシャッターボタン、サイドに電源ボタン、Wi-Fi接続ボタン、カメラ・ビデオ切り替えボタンとてもシンプルです。

 

RICOH THETA S

RICOH THETA S

 

RICOH THETA S ボタン

RICOH THETA S ボタン

早速撮影(さすがに自分の汚い部屋を載せるのは控えますが。。)の前に少々設定が必要になります。

それは、THETAとスマホデバイスとWi-Fi通信するための設定になります。このWi-Fi通信設定は、撮影をしたあとに専用スマホアプリ(iOSアプリ「RICOH THETA S」(App Store)もしくは「RICOH THETA S」(Android))を見るために必要になります。

色々と遊んでみましたが、画質は思っていた以上にキレイな画質でした。また内蔵メモリーが約8GBあるので動画も最大25分撮影できるのが魅力的です。

ただ、気になったところは Wi-Fi接続が時々切れるところ かと思います。それ以外は、とても楽しく扱えるデバイスかと思いました。

 

Spherical sample images (outdoor):YouTube

 

 

 

コメント