Apple:アップルの最高デザイン責任者(CDO)のJony Ive 氏が退社

Jony Ive and Tim Cook at the September 2018 launch of iPhone XR. Apple
Jony Ive and Tim Cook at the September 2018 launch of iPhone XR.
スポンサーリンク

Apple は、アップルの最高デザイン責任者(CDO)である Sir Jony Ive 氏が、今年の後半にAppleを退社することを発表しました。

 

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

2020年に独立したデザイン企業を立ち上げ、Appleを主要顧客の1つとする計画。今後もAppleと密接にかかわっていくということです。

退社することに対して、Tim Cook CEOは以下のように応えているいます。

“Jony is a singular figure in the design world and his role in Apple’s revival cannot be overstated, from 1998’s groundbreaking iMac to the iPhone and the unprecedented ambition of Apple Park, where recently he has been putting so much of his energy and care,”

「ジョニーはデザインの世界では特異な人物であり、1998年の画期的なiMacからiPhone、そしてこれまでにないほどのエネルギーと注意を払ってきたApple Parkへの前向きな野望まで、Appleの復活における彼の役割は誇張できません」

 

Ive 氏のコメント

“After nearly 30 years and countless projects, I am most proud of the lasting work we have done to create a design team, process and culture at Apple that is without peer. Today it is stronger, more vibrant and more talented than at any point in Apple’s history,”

「30年近くに及ぶ数え切れないほどのプロジェクトの後、私はAppleで設計チーム、プロセス、そして文化を築くために私たちが行ってきた永続的な仕事を最も誇りに思っています。 今日では、アップルの歴史のどの時点よりも強く、より力強く、そして才能にあふれています。」

今後は、デザインチームのリーダーである、インダストリアルデザイン担当副社長のEvans Hankeyと、ヒューマンインタフェースデザイン担当副社長のAlan Dyeが、Appleの最高執行責任者であるJeff Williamsに報告します。 DyeとHankeyは、長年にわたり、Appleのデザインチームで主導的な役割を果たしてきました。 ウィリアムズは創業以来Apple Watchの開発を主導してきており、スタジオでデザインチームと仕事をするする模様です。

 

 

 

コメント