Apple:香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4で“心電図”が利用できるようになった「watchOS 5.2」リリース

watchOS 5Apple
スポンサーリンク

Apple は、香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4で“心電図”が利用できるようになった「watchOS 5.2」がリリースされています。

 

 

 

 

 

 

香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4で“心電図”が利用できるようになったほかに、“不規則な心拍の通知”を利用可能になりました。

「心電図」「不規則な心拍の通知」が利用可能な地域については日本サイトは更新されていませんがUSサイトを見る限り多くの国が利用できるようになっています。

 

watchOS5.2 Feature Availability(2019.03.28)

watchOS5.2 Feature Availability(2019.03.28)

 

 

watchOS 5.2

このアップデートには以下の新機能、改善、およびバグの修正が含まれます:

  • 香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、Apple Watch Series 4の“心電図” Appを利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
  • 香港およびヨーロッパのいくつかの地域で、“不規則な心拍の通知”を利用可能。利用可能な地域については次のサイトをご覧ください: https://www.apple.com/jp/watchos/feature-availability/
  • 新しいAirPods(第2世代)に対応。

Appleソフトウェア・アップデートのセキュリティコンテンツについては、次のWebサイトをご覧ください:
https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

 

アップデート は、iPhone の「Watch」アプリ より マイウォッチ > 一般 > ソフトウェア・アップデート からアップデート可能です。

 

 

 

コメント