モバイルSuica、年会費の無料化や一部機種でのサービス終了などを発表

モバイルSuicaNewsRelease
モバイルSuica
スポンサーリンク

東日本旅客鉄道株式会社 は、モバイルSuicaについて、一部サービス内容の変更と一部機種でのサービス提供の終了することを発表(PDF)しました。

 

 

 

 

 

 

まず、変更されるのは年会費の無料化。これは、フィーチャーフォン および Android スマートフォンでビューカード以外のクレジットカードを登録してモバイル Suica を利用する場合に、年会費 1,030円 がかかっていたが、2020年2月26日移行は無料になる。

2020年2月25日までにお支払いいただいた年会費の返金がありません。

また、一つはケータイ(フィーチャーフォン)の全機種および Android スマートフォンの一部機種でのモバイル Suica は、ログインを伴うサービス提供が 2020年2月25日 または 2020年12月22日に終了となります。

ログインを伴うサービスとは、クレジットカードによる入金(チャージ)やオートチャージ、定期券、Suicaグリーン券など14項目になります。

最後に、「モバイル Suica 特急券のサービス提供の終了」。2019年度末に予定されている、新たな新幹線IC乗車サービスの開始に合わせ、モバイルSuica特急券(モバトク/スーパーモバトク)は、サービス終了となります。

 

 

 

コメント